スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
北海道2006 その4 快晴はいつまでつづく?
7月4日(火)AM6:30 快晴^^
船長の家での朝食はAM8:00から 遅いんだよね~
今日はあまり移動しないからべつにいいけど

原生花園2

小清水原生花園に咲く花(なんだっけ?)
この快晴は何時まで続くって思わせるほど 快晴!
朝食まで時間もあるのでサロマ湖畔をひとっ走り

サロマ湖


ははっ

前夜あまり飲まなかったから朝から元気です

船長の家の朝食は見た目、豪勢なんですが・・・・
まっずいな~ 腹減ってるんだけど食が進まない
じっちゃんばっちゃん達や修学旅行生と思われる面々は
うまい! うまい! 言って食ってるけど・・・

ごはん 味噌汁 納豆 卵 これさえあれば俺は十分なんだが・・・
(ここには無いんだよね)

朝食前に荷造りは済ませてあったので、長居は無用とばかりに
早々に出発。(AM8:00からはちょっと遅くないかい?)

今日は走行距離から事前に北見でオイル交換を予定していた為
道道7を使って北見を目指す。

「モトプラザ オクマヤ」さんで愛車のオイル交換エレメント交換を
済ませる (スタッフのみなさん、お世話になりました) 
http://www.okuyama.gan2.com/

愛車も元気を取り戻し、いざ知床へ・・・・・
快晴だし小清水原生花園に寄って行こうと思ったので
R39を使って走る

今日も暑いな・・・

網走監獄は何度も訪れているので、今回は素通り^^ 
(気が向いたら、何時か寄ろう)
何度か見かけたパンダさんも無事クリアーし小清水原生花園に到着
観光バスの大半が網走監獄を経由してくるせいもあるんだろう
まだ観光バスは1台しか駐車場にいなかった。

観光客が少ないうちに、適当にスナップ

原生花園1


ライダーの性なのか・・・・・
人がいないと、やってしまうんだよね~

原生花園3


この時のレールが熱い熱い
スナップ中におばちゃんの団体が通過・・・・
「若い人は色んな事して楽しそうだね~」 

・・・・・・・・・  中年ですが Or2

ここは日陰がないのでとにかく暑い!

暑いとなれば、やっぱりこれでしょう

原生花園5


ハマナスソフトクリーム  ^^うま~


この時期、動物達は出産ラッシュのようだね

原生花園4


あっちこっちに子馬が、親を追っかけるしぐさなんとも
ほのぼの させてくれます

天気は相変わらず快晴、ほのぼのした気分でウトロを目指す

お決まりのオシンコシンの滝でいっぷく

オシンコシンの滝


久々に見るライダーとしばし談議・・・・・
どうも快晴なのはウトロ側だけで、羅臼側は霧がすごいらしい
(こんなに晴れてるのに)

今日は移動距離も短いとあってPM2:00前にウトロ到着
知床五湖へ向かうか横断道走るか迷うが、どちらもやめて
ウトロ観光へ

ウトロと言えばオロンコ岩でしょう(そうなのか?)
早速登る

オロンコ岩


皮パン履いたまま登るもんじゃないね(暑くて死にそう)
オロンコ岩から知床連山がクッキリ!

知床連山


ここまで晴れ渡ってるのに、羅臼側は霧だって言うんだから・・・

自然は不思議だ

下る前にとりあえず ゴジラ対モスラ (勝手にそう思ってます)

ゴジラ岩


ぶらぶらしながら本日の宿 とほ宿「ボンズホーム」へ

夕食をとっとと済ませ未だ見ぬ夕日をオロンコ岩から・・・

夕日(オロンコ)


夕日を見るチャンスはいくらでもあったのに夕食の時間と重なって
見れなかったんだよね~ 
キャンプツーだったら、ゆっくり見れるんだろうけど・・・


本日の走行距離  216.1km
総走行距離   1453.4km

スポンサーサイト
2006/07/15(Sat) | 北海道2006 | トラックバック(2) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://asyura2006.blog67.fc2.com/tb.php/22-8031c406
オシンコシンの滝について-日本の自然を見つめる瞳
オシンコシンの滝所在地=北海道斜里町|落差=80|滝幅=30|水系=チャラッセナイ川}}オシンコシンの滝(おしんこしんのたき)とは、北海道斜里郡斜里町のチャラッセナイ川の河口付近にある滝。源流は、知床半島の中央部に位置する遠音別岳西側斜面である。日本の滝百選にも選ば 日本の自然を見つめる瞳【2007/04/04 09:04】
オシンコシンの滝オシンコシンの滝(おしんこしんのたき)とは、北海道斜里郡斜里町のチャラセナイ川の河口付近にある滝。源流は、知床半島の中央部に位置する遠音別岳西側斜面である。日本の滝百選にも選ばれた。名前の由来はアイヌ語で「エゾマツが群生するところ」を意味 日本の自然を見つめる瞳【2007/08/07 07:03】
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。